体 ニオイ 汗

体の部位の汗やニオイを止めたい

汗による化粧崩れを防ぐ方法

夏は汗をかきやすい季節ですから、女性にとっては汗による化粧崩れが気になる季節です。

 

顔の汗女性

 

しっかりと汗や皮脂をブロックしてくれる下地などを使用していても、汗でメイクがドロドロになってしまう場合には、スキンケアの段階でしっかりと汗対策をしておく必要があります。

 

まず、洗顔の時には肌に古い角質を残さないようにするのがポイントです。
ファンデーションが密着しにくくなりますから、化粧崩れしやすくなります。
肌にざらつきを感じたら丁寧に洗顔を行って、古い角質をしっかりと取り除くようにしましょう。

 

顔の産毛も化粧崩れの原因となりますから、定期的に産毛のお手入れをしておきましょう。
産毛があると基礎化粧品が浸透しにくくなって保湿不足になる恐れがあります。
また、ファンデーションが産毛にくっ付いて肌に密着しませんから、化粧崩れしやすくなってしまいます。

 

そして、基礎化粧品はワンステップずつしかりと肌に浸透させるようにしましょう。
パパっと化粧水や乳液をつけてすぐにメイクを始めてしまうと、美容成分が表面に残ったままとなり、保湿不足から皮脂が出やすくなります。

 

また、表面に残った化粧水や乳液などとファンデーションが混じってしまって、肌にきちんと付いていない状態となり、化粧崩れしやすくなります。
しっかりと基礎化粧品を肌になじませて浸透させてから、メイクを行うようにしましょう。

 

そして、メイク前には肌を冷やしてあげると効果的です。
肌に風を当てたり首筋を冷たいタオルで冷やしてあげると、汗も出にくいですしファンデーションが肌にフィットしやすくなります。

 

ファンデーションは厚くなりすぎないようにしましょう。
厚塗りになってしまうと毛穴をふさいでしまって化粧崩れしやすくなりますから、皮脂の多い部分ほど薄くぬるようにしましょう。

 

また、汗をかいたらこまめに拭き取るようにして、化粧崩れさせないというのが大切です。
汗はほとんどが水分ですから、油分を含むメイクを弾いてくれます。
しかし、皮脂と混じると化粧崩れの原因となりますから、皮脂と混じる前にふき取ってしまうのが良いでしょう。

 

顔汗の化粧崩れを根本から解決するなら参考に:顔汗を止める方法は簡単でした | 顔汗対策なび

 

 

 

 

 

デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は少なくないのではないでしょうか。

 

生理中やおりものが増える時期、おりもののにおいも体調によってきつくなってしまったりすることがよくあります。デリケートゾーンのにおいケアクリームなどもありますが、あまりそういったものを使いたくない場合はどうすればいいのでしょうか。

 

私もデリケートゾーンに薬剤やクリームなどをむやみに塗ったりするのに少し抵抗があります。
自然ににおいケアができるようにいくつか工夫していることをご紹介します。

 

まず生理中です。これはどうしても経血ににおいがあるのでデリケートゾーンのにおいがきつくなるのは仕方ありません。とにかくこまめにナプキンをかえたりタンポンを使うようにすると良いでしょう。

 

また生理中はアンダーヘアを剃ってしまうというのもおすすめです。
全て剃る必要はありませんが、いつもよりもアンダーヘアの量を減らすだけでかなり効果があります。

 

経血がアンダーヘアに付着するとどうしても雑菌が繁殖してしまいます。
アンダーヘアのボリュームを減らすことで雑菌が繁殖するのも抑えることができるのです。
ウォシュレットを使ってこまめにきれいにするのもよいでしょう。

 

次におりもの対策です。おりものが多くなったらおりものシートを使いましょう。
最近は香りがついているおりものシートが出ているので便利です。
シーツが汚れてしまったら洗濯機に入れる前にしっかり事前に洗っておきましょう。

 

デリケートゾーンのにおいがきになる場合は洗い方を見直してみるとよいかもしれません。
ここで気を付けたいのが、しっかり洗えばよいというわけではなく優しく丁寧に洗うことが大切なのです。

 

デリケートゾーンは粘膜でできている部分が多いので傷がついてしまったりすると大変ですし肌トラブルの起こしやすい部分です。特に気を付けたいのがアンダーヘアです。

 

先ほど述べたようにアンダーヘアは雑菌が繁殖しやすい場所です。
髪の毛を洗う時を意識してアンダーヘアもしっかり洗うようにしましょう。

 

 

夏になると気になるのが汗の匂いですね。
若い頃は全く気にならなかったのに、年を取ると共に気になる匂い。

 

外国の方がきつめの香水をつけるのは、体臭を消す為とか。日本人は元々体臭が少なく、お風呂にも頻繁に入る民族なので、余計「匂い」と言う物に敏感なのかも知れません。
できれば、香水など匂いで誤魔化さずに匂いケアしたいものです。

 

いわゆるワキガと言われる匂いの原因となるのは3つの汗腺の相乗効果です。
ワキの匂いの原因と言われているアポクリン汗腺も、元々は無臭の汗なのですが、この汗の成分皮脂などが含まれており、それに雑菌が混ざる事により
匂いを発するのです。

 

追い打ちをかけるように、皮脂腺からは皮脂などアポクリン汗と混ざると匂いの原因になる成分を分泌します。それにより更に強い匂いとなってしまいます。

 

肉、魚など酸性の食べ物は匂いの原因となりますので、それらを控えると同時に、ひじきやワカメ、サツマイモやほうれん草などをたくさん摂取する方がいいでしょう。

 

そして大切なのが水分をたくさん摂る事です。水分不足の体は、汗までどろっとベタついていて、匂いもきつくなるので、たくさん水分を摂る事が大切です。

 

体の中からのケアを紹介したので、次は体の外から気になる汗の匂いを抑えるアイテムを幾つか紹介します。

 

まず1つめ、石鹸です。

柿の葉石鹸やハーブの石鹸など色々なアイテムが出ています。
匂いの原因によって効果が変わってくるので、自分に効果のある石鹸を試してみるといいと思います。

 

2つ目は、制汗剤。

スプレータイプのものよりもスティックタイプの方が直塗りするので密着して長時間効果が実感できました。

 

3つ目の最後の仕上げは、衣類に直接かける消臭スプレーです。

あまりドラッグストアでは見ないものですが、通販で購入しました。
汗の匂いの気になる場所(例えば洋服の脇の下や靴下など)に、着用する前にスプレーして乾かしておきます。そうすると、不思議な事に全く汗の匂いが衣類につきません。

 

体の中からのケアと体の外からのケアで、憂鬱だった夏を快適に過ごせたらいいですね。

 

 

私は腕から手の甲にかけて汗をかくことが多いです。時には肘の内側に汗がたまり、ぽたぽたと垂れてしまうほど。これだけ汗をかくと、当然触った時にべたべたし、他人に触れられたら不快に思われるのではないかと恐れています。

 

自分で触れてみてもべたっとして不快だというのに、誰かに触れられたら絶対に嫌がられると思い、想像しただけで外出ができなくなります。しかし、最近はデオドラント商品が増えており、それらの商品で対処すればどうにかなると言うことも事実です。

 

様々なデオドラント商品を持っている私がメインで使用しているのがシートタイプ。
腕をサッと拭いただけでサラサラになり、さらには良い香りもするから気にいってます。

 

シートタイプだから使い勝手も良く、持ち運びして外出先でもよく使ってます。シートタイプの利点はどのような場所でも使いやすく、拭いてもすぐに乾くところ。

 

他のデオドラント商品だと部位によっては使いにくかったり、液が乾くまでしばらく待たなければいけないという欠点があることも。シートタイプならば自分の好きな部位の汗を好きなだけふき取ることができるから便利です。

 

私はこの「拭き取る」という点が最も気に入ってます。塗る、とか噴きかける、のではなく、拭くのです。汗を拭きとってくれる商品はシートタイプ以外ではないと思います。

 

その点からしても優秀で、どんな場所で汗をかいてもその汗を消すことができるのだから、使わない手はないと思ってます。腕に汗をかきやすい私にとっては本当になくてはならない商品です。
腕なら服を脱がなくてもよし、無理な体勢をしなくてもよし、実に効果的なアイテムだと思ってます。

 

ただ、腕が熱を持っている時はデオウォーターを使うこともあります。
スプレータイプのウォーターをシュッシュッと軽く腕に噴きかけるととても気持ちが良く、爽快感があります。
シートタイプでは物足りないと思った時、こういったデオウォーターを使い、効果を二倍にも三倍にも膨れ上がらせています。

 

 

暑い季節、夕方になると頭やワキ、耳の後ろなどから、体臭がしてきませんか?
酷い人は、朝シャンプーをした5分後にはもう臭い!という人もいらっしゃいますよね。

 

それは中年のおじさんに限ったことではありません。
若い男性、また若い女性でも「おじさん臭」がする人が増えてきています。

 

クサい臭いがする理由には色々ありますが、理由のひとつに「 身体の洗い過ぎ 」が挙げられます。実は、人間の皮膚にはバイキン等を倒す、身体にとって役に立つ菌がたくさん存在しているのです。

 

また、同じく肌を保護する脂もバリアーとして存在しています。
その良い菌と良い脂がうまく働いて、皮膚を適度に保護しているのです。

 

しかし「朝シャン」という言葉があるほど、現代の日本ではこまめに身体や顔を洗う習慣があります。朝、シャンプーして、夜、またシャンプーをして、良い菌と良い脂を洗い流しているのです。

 

つまり、身体を守っているバリアーを根こそぎ取り払っているのです。
シャンプーした後は、良い香りがするかもしれません。しかしそれは化学的な物質によって発せられる香りです。

 

バリアーが無くなった肌は、「肌を守らなくては!」と、新たに、しかも急いで脂を生成するわけです。つまり、1日1回のシャワーの人に比べて、1日2回も脂を生成しなければなりません。
すると、洗い過ぎの人の肌はどうなるかというと、普通の人よりも脂の多い「 過剰皮脂 」となるわけです。

 

脂は、少しならともかく、たくさんだと臭くなります。
また、身体中に、化学物質やほこり、汚れなどがついているのに、それを倒す良い菌が洗われてしまい、皮膚に無い。つまり、湿った雑巾が雑菌で臭くなるように、皮膚に雑菌が蔓延し、臭くなってゆくのです。

 

脂は必要以上に皮膚に出てきて、さらに雑菌が蔓延する。
さらに、シャンプーやリンスのすすぎ残しなどがあったら、それをエサにして雑菌は繁殖します。

 

その雑菌の臭いを消したくて、またシャワーを浴びる。また雑菌が増える。またシャワーを浴びる。その繰り返しで、若い人でも加齢臭のようなくさい臭いを発する人が増えてきているのです。
もしも、自分に当てはまるようでしたら、直ちに洗い過ぎの生活を改善させましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ